カーボン・オフセット制度

制度概要

カーボン・オフセット制度の目的

カーボン・オフセットの取組(カーボン・オフセットの取組を更に深化させたカーボン・ニュートラルの取組を含む)に関する信頼性を構築し、カーボン・オフセットの取組に対する認識の向上、取組の促進、及び公正な市場形成に資することを目的としています。

概要

カーボン・オフセット制度では、カーボン・オフセット第三者認証プログラムとオフセット・プロバイダープログラムの2つのプログラムが設置されています。

カーボン・オフセット制度
カーボン・オフセット第三者認証プログラム

カーボン・オフセットの取組が「カーボン・オフセット第三者認証基準」に適合しているかどうか、第三者が認証してラベルを付与するプログラムです。
カーボン・オフセット認証と、カーボン・ニュートラル認証の2つの認証があります。

カーボン・オフセット認証ラベルカーボン・オフセット認証
カーボン・オフセットの取組が、カーボン・オフセット第三者認証基準を満たしていることについて、認証機関が認証します。
カーボン・ニュートラル認証ラベルカーボン・ニュートラル認証
カーボン・ニュートラルの取組が、カーボン・オフセット第三者認証基準を満たしていることについて、検証機関が審査をし、カーボン・オフセット制度登録認証委員会が認証します。
オフセット・プロバイダープログラム

「オフセット・プロバイダー基準」に適合しているオフセット・プロバイダーの情報を公開するプログラムです。

委員会

カーボン・オフセット制度実施のため、3つの委員会が設置されています。

運営委員会
  • カーボン・オフセット制度の実施に必要な基準類等の制定及び改廃に係る審議など
登録認証委員会
  • 各機関の登録に関連する決定及び業務の実施状況の調査・指導
  • カーボン・ニュートラル認証等に関する決定など
監督委員会
  • 制度運営状況の調査
  • 利害関係者等からの苦情等の受付と概要の公表

カーボン・オフセット制度委員会フロー図