カーボン・オフセット / カーボン・ニュートラルとは?

カーボン・オフセットとは?

カーボン・オフセットの考え方

カーボン・オフセットは、私たちの活動により排出される二酸化炭素などの温室効果ガスの排出をまずできるだけ減らすように努力をした上で、それでも排出してしまう温室効果ガスの排出量を、他の場所での削減・吸収活動(削減・吸収量)により埋め合わせようという考え方です。

他の場所での削減・吸収活動とは?

他の場所での削減・吸収活動とは、例えば森林の管理・育成などの森づくりにより二酸化炭素の吸収を促す活動やバイオマス・風力・水力・太陽光発電など再生可能エネルギーの利用や高効率省エネ機器の導入などにより温室効果ガスの削減を実現できる活動であり、私たち自身が行う活動としては実施することが難しいような活動になります。

カーボン・オフセットの意義・効果

他の場所での活動により削減・吸収された温室効果ガスは、一定のルールに基づき定量化することで『クレジット』と呼ばれるものに変えることができ、市場で取引が可能となります。カーボン・オフセットをする際にはこのクレジットを購入し無効化をすることで埋め合わせをします(詳細は「クレジットとは」を参照)。クレジットを購入することを通じて、森づくりや再エネの利活用・高効率省エネ機器の導入といった活動により多くの資金が循環することになり、更なる温暖化対策が実現できるようになります。

カーボン・オフセットは、クレジットを活用することで誰でも実施できる仕組みであり、自らの削減以上に更なる温室効果ガス削減を進めることができる社会貢献活動でもあります。

また、カーボン・オフセットされた商品は環境貢献型商品とも呼ばれ、私たちが消費者としてその商品を購入することが、森づくりを通じた二酸化炭素の吸収、再生可能エネルギー導入等の温室効果ガスの削減プロジェクトの支援を行うことにもなり、消費者や一般の方々と一緒になった温暖化対策を進めることが出来ます。

カーボン・オフセットをするときに気をつけるべきこと

カーボン・オフセットに取り組む際には、まずできる限り温室効果ガスの排出を減らす努力が重要です。
オフセットをすることで自身の排出が許容されるのではありません。
できる限り排出量を少なくすること。その上で排出量を埋め合わせる。この考えが最も重要です。

カーボン・オフセットの考え方

環境省 カーボン・オフセットの定義
市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が、自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること又は他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施すること等により、その排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。

カーボン・ニュートラルについて

カーボン・ニュートラルとは、カーボン・オフセットの取組を更に深化させ、事業者等の事業活動等から排出される温室効果ガス排出総量の全てを他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)する取組です。

環境省 カーボン・ニュートラルの定義
市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が、自らの責任と定めることが一般に合理的と認められる範囲の温室効果ガス排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること又は他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施すること等により、その排出量の全部を埋め合わせた状態をいう。